税理士法人青木会計 > 事業者全般 > M&Aによる事業承継

M&Aによる事業承継

事業承継の方法には、M&Aを利用した事業承継の方法もあります。この方法を用いることによって、単純に自社株を親族や後継者に譲るよりも、事業承継後の安定した経営基盤を確保することがしやすくなります。また、親族や後継者に贈与税の申告納税の手間や負担がなくなるのも大きなメリットです。

 

その一方で、M&Aを用いることで、第三者に経営を譲ることになりますので、今までの経営方針とは全く変わることも考えられます。また、譲る側には、自社株の譲渡所得の申告納税が必要になることもありますので、その準備を行うことも必要になります。M&Aには、税理士だけではなく、弁護士などの多くの士業がかかわるケースが多くあります。M&Aを行う可能性がある、行いたいという方は、まず専門家である税理士にご相談いただくことをお勧めいたします。

 

税理士法人青木会計では、横浜市、川崎市を中心に神奈川県全域、東京23区の広いエリアで、「法人税」、「起業支援」、「相続税」などといった税務相談を承っております。「M&A」、「事業承継」に関してお困りのことがございましたら、お気軽に当事務所までお問い合わせ下さい。

税理士法人青木会計のスタンスStance

よく検索されるキーワードSearch Keyword

事務所概要Office

事務所名 税理士法人青木会計
代表者名 青木 廣志(あおき ひろし)
住所 〒223-0062 神奈川県横浜市港北区日吉本町1-29-12
電話番号・FAX番号 TEL:045-562-9617 / FAX:045-562-9618
対応時間

平日:9:00~18:00 ※事前予約で時間外も対応いたします。

定休日

土・日・祝日 ※事前予約で対応いたします。

  • 事務所内観
  • 事務所内観
  • 事務所内観