税理士法人青木会計 > 相続 > 死亡保険金の受取にはいくら相続税がかかる?

死亡保険金の受取にはいくら相続税がかかる?

被相続人が亡くなると、被相続人が所有していた財産に対して「相続税」が課税されます。相続税は一般的に被相続人が所有していたすべての財産に対して課税価格が計算され、相続税が課税されますが、死亡保険金にももちろん課税されます。

しかし、死亡保険金にはすべての保険金に課税がされるわけではありません。

死亡保険金の受け取りにはどのくらいの相続税が課税されるのでしょうか。

 

・死亡保険金はすべて「みなし相続財産」として課税対象となる
死亡保険金はもともと被相続人が所有していた財産ではありません。死亡することで支払われるものであるが相続税が課税される「みなし相続財産」となります。そのため、死亡保険金はすべて相続税の課税対象として加算されます。

 

・死亡保険金の非課税枠
死亡保険金には非課税枠があります。死亡保険金には「500万円×法定相続人の人数」の非課税枠があり、仮に3名の法定相続人がいる場合には1500万円までの死亡保険金は相続税の課税対象外となります。

 

死亡保険金の受け取りには「みなし相続財産」としての課税と非課税枠があることをまずは理解しておきましょう。

 

税理士法人青木会計では、横浜市、川崎市を中心に神奈川県全域、東京23区の広いエリアで、「法人税」、「起業支援」、「相続税」などといった税務相談を承っております。

「相続税」に関してお困りのことがございましたら、お気軽に当事務所までお問い合わせ下さい。

税理士法人青木会計のスタンスStance

よく検索されるキーワードSearch Keyword

事務所概要Office

事務所名 税理士法人青木会計
代表者名 青木 廣志(あおき ひろし)
住所 〒223-0062 神奈川県横浜市港北区日吉本町1-29-12
電話番号・FAX番号 TEL:045-562-9617 / FAX:045-562-9618
対応時間

平日:9:00~18:00 ※事前予約で時間外も対応いたします。

定休日

土・日・祝日 ※事前予約で対応いたします。

  • 事務所内観
  • 事務所内観
  • 事務所内観