税理士法人青木会計 > 相続 > 不動産の相続税の計算

不動産の相続税の計算

相続税は、相続された資産に応じて相続税が決定されますが、不動産に関してはその評価額が一定のものではないため、「相続税を計算するための評価額」を算出しなければなりません。この評価額で、相続税がいくらになるかが大きく変わってきます。

 

不動産の評価額の算出は、土地、建物などによって大きく変わってきます。


・土地の場合
土地の場合には、国税庁が定めた「路線価方式」か固定資産税に一定の税率を掛ける「倍率方式」が取られます。

 

・建物の場合
建物の場合には、被相続人が利用していた建物は「固定資産税評価額」、現在賃貸中の場合には、「固定資産税評価額」に70%を掛けた額が相続税の評価価格になります。

 

税理士法人青木会計では、横浜市、川崎市を中心に神奈川県全域、東京23区の広いエリアで、「法人税」、「起業支援」、「相続税」などといった税務相談を承っております。「不動産の相続税」に関してお困りのことがございましたら、お気軽に当事務所までお問い合わせ下さい。

税理士法人青木会計が提供する基礎知識Basic Knowledge

よく検索されるキーワードSearch Keyword

事務所概要Office

事務所名 税理士法人青木会計
代表者名 青木 廣志(あおき ひろし)
住所 〒223-0062 神奈川県横浜市港北区日吉本町1-29-12
電話番号・FAX番号 TEL:045-562-9617 / FAX:045-562-9618
対応時間

平日:9:00~18:00 ※事前予約で時間外も対応いたします。

定休日

土・日・祝日 ※事前予約で対応いたします。

  • 事務所内観
  • 事務所内観
  • 事務所内観